ハトの被害を防ぐ

鳩

速やかに対処する

山間部では鹿や猿などによる害獣被害が問題になっていますが、都市部にも都会ならではの害獣被害があります。その代表的例が鳩による鳩害です。山間部でも鳩は生息していますが、被害を起こすのが土鳩という都市型の鳩であることから、被害が市街地に集中しています。特に問題となっているのが、マンションのベランダや屋上などへの定着で、糞による汚れや異臭、鳴き声の騒音などが常態化して、住民の健康を心身ともに害します。生体数が多い事や人間との距離が近い事などから被害そのものを抑えることは難しく、各家庭での個別の対策が求められます。万が一巣を作られると素人では対策がかなり難しくなるので、そうなる前に速やかに対策をしてしまうのがコツです。個人では捕獲や殺傷は法律上できないので、対策は妨害が中心となります。物理的な妨害と心理的な妨害の二通りあり、それぞれグッズが市販されています。物理的妨害にはネットやワイヤー、スパイク、さらには電気ショックなどがあります。一方心理的妨害としては、忌避剤や超音波発生装置などがあります。音や臭いで忌避させる方法は手軽に利用できますが、その分効果は一時的です。被害発生前の事前対策として利用するのが基本です。被害がすでに発生している場合には、物理的妨害対策が望ましく、特にマンションのベランダが現場となっている場合にはネットやワイヤーが効果的です。ネットについては、ベランダは鳩が飛来してくるスペースが限られているので非常に効果的です。ベランダの開いている場所を全て覆うようにネットを施工すれば、網を破られない限り鳩が侵入する事はありません。施工に際しては転落に注意して慎重に作業を行い、隙間が出来ないように気をつけてください。